知りたい美のこと

豊胸と脂肪吸引からなる脂肪注入法

脂肪注入法というのは、豊胸と脂肪吸引の二つの手術から成り立つという点が、他の手術とは異なる点であるという事が考えられます。脂肪注入法を行う際の豊胸は比較的楽な手術で終える事ができる場合もある様ですが、脂肪吸引が不安だという人もいる様です。

どうしても脂肪吸引が難しいと感じる場合には、脂肪注入法ではなく、ヒアルロン酸を活用したプチ整形での豊胸もあります。脂肪注入法での豊胸は、異物感が嫌になるという事がないという利点もあります。

脂肪注入法での豊胸はいい点と、そうではない点があると思われます。手術を受けるかどうかという事を決断する際には、あらゆる面から考える様にしたいですね。

豊胸手術のリスクはあるのか

豊胸手術に興味を持たれている方は多いのではないでしょうか。 しかし体にメスや異物を入れる事への不安や抵抗を感じられる方も多いと思います。 そこで豊胸のリスクについて簡単に説明致します。 手術の代表的なものとしてはバッグ挿入法、ヒアルロン酸を注入する方法、脂肪注入法があります。 バッグ挿入法とは脇のあたりを切開しシリコン製バッグを挿入する方法です。リスクとしては、あくまでもシリコンは異物として認識されるため、バッグの周りを包む硬い組織ができてしまい、感触が硬くなってしまうことです。

脂肪注入は別の部位の脂肪を胸に注入する方法ですが、脂肪がバストに定着しない場合があり希望通りの胸のサイズにならない事があります。人によっては吸引後の痛みが出たり皮膚がでこぼこした状態のままになってしまう事もあります。 ヒアルロン酸注入も胸にヒアルロン酸を入れ豊胸する手術ですが、異物とみなされると周辺の組織が硬くなりしこりのようなものができ痛みを伴う事があります。 どの手術も豊胸後の危険性を考えてから受けるべきですね。

豊胸手術の安全性について

豊胸手術を行うときの安全性については、手術の種類にもよりますし医師の技術次第によっても大きく異なってくる面があります。ですので、手術をするときには失敗してしまうリスクがあることを意識してできる限り失敗の可能性を低くするように取り組んでおくことが求められます。

 まず、信頼できる医師選びについては極めて重要です。口コミサイトなどで比較しておいて、自分が信頼できそうな医師を選ぶようにしましょう。  それから、高すぎる金額で提供するところは疑うべきといえますがあまりに安すぎる価格で豊胸手術を提供するクリニックについても疑ってかかっておいたほうが良いでしょう。  自分が受けたい手術がどのようなものなのかはしっかりと把握し、手術後には注意事項を守って必要に応じたアフターケアについてもしっかりと行うようにしておきましょう。

豊胸手術にはいくらかかるのか

豊胸手術を受けるにもいくらくらいかかるのかわかっていないと安心だと思っていても中々実際に受ける所までいきませんよね。他の美容整形と同じように大阪や東京などの大都市で受ける場合と地方で受ける場合でも、異なってきますし、当然施術内容によっても変わってきます。

また費用の差の基準になるのがどれくらい大きくしたいのかという点です。同じ1カップをあげるのでも例えばAからBにあげるのと、CからEにあげるのだと値段が変わってきます。どういった形で費用が増えていくのかは最初のカウンセリングでしっかり確認するようにしましょう。

自分に合った豊胸手術をしてくれる美容外科を探すには

豊胸手術を受ける上で一番大切なのはどの病院で受けるのかという所と、どういった先生に診てもらうかという所です。大阪や東京などの大きな都市にはとても多くの病院があり、美容外科の資格を持っている医師も沢山います。

その中から自分に合っている病院を探すこつとしては、まず価格をしっかり提示している所であることは大前提です。特に豊胸手術は保険から外れてしまうような施術ですので、後々問題にならないためお金に関してはきちんと確認しましょう。もし正確な見積もりを提出することを拒むようでしたらその病院は避けた方が無難です。

豊胸手術、脂肪吸引の関連記事

メニュー

隆鼻、鼻整形

二重まぶた、二重整形

豊胸手術、脂肪吸引

美容整形、美容外科