知りたい美のこと

戻せない二重まぶた美容整形

手術を終えた後の自分の容姿に対して満足する事ができないという可能性も美容整形においては考えられます。

簡単なプチ整形などであれば、元の状態に戻せる事もありますが、ぱっちり二重まぶたの整形などメスを入れたりする手術によっては難しい場合もあるでしょう。

医師も人間ですので、人の手によって手術が行われますので、必ずしも毎回同じ様な結果になるとも限りません。更に人によってそれぞれ容姿は異なります。

整形すれば絶対に自分の思い通りの容姿になってきれいになれるかという事は分からない部分もあるでしょう。

過度に期待しすぎてしまう事なく、冷静に物事を考えるという事も必要と言えるのかもしれませんね。なるべくいい結果を目指したいですね。

両目の二重整形について

二重整形にする美容整形は埋没法をすると日帰りの手術が可能ですし、両目でも数万円でおさまります。二重まぶたにするために、まぶたの裏を細い糸で二点か三点で留め、縫い合わせます。二重のラインを形成し、二重になります。

二重整形は一度おこなうと、一生キープする人もいますし、便利です。アイプチなど市販のもので二重をつくると、毎日皮膚に負担がかかりますし、時間もかかる上に、ストレスにもなります。一度の整形で気苦労がなくなるならば、思い切って勇気をもって、美容整形にチャレンジするのはメリットが多く、自信につながります。

美容整形の二重整形での術後の腫れを引かせる冷やし方

美容整形の二重整形の手術をした後には目が腫れます。まぶたが腫れるのは仕方ないとしても、早く手術の腫れを引かせてしまいたいですよね。腫れを少しでも早く引かせるためには患部を冷やすようにしましょう。冷やすことにより炎症を抑えるのです。

冷やし方は氷を入れたビニール袋やアイスノンなどを使用します。患部を冷やす際に注意しなければいけない事があります。氷やアイスノンを直接皮膚に当て続けると凍傷になったり、血行障害になります。氷などをタオルに巻いて冷やしすぎないようにしましょう。

氷やアイスノンをタオルでくるんだら、それを患部にかるく押し当てるようにして冷やします。一日数回を数分繰り返してください。美容整形での腫れを早く治してしまいましょう。

美容整形の二重整形「切開法」の持ちについて

二重整形は美容整形で最も需要が高い手術です。しかし、一言で二重整形といっても、大きく分けると実際に瞼を切開して二重まぶたを作る切開法と、糸を通して瞼を引っ張り二重まぶたを作り上げる埋没法の二つがあり、大阪の美容整形クリニックでも主にこの二つが実施されています。

埋没法は糸を通して留めているだけなので、何らかの拍子に糸が切れてしまったり、時間の経過により元のまぶたに戻ってしまうリスクがありますが、切開法の場合は実際にメスを入れて切開、縫合しているため、一度美容整形手術を行えばその形は一生保たれます。

奥二重の人におすすめの美容整形はこの二重整形だ!

美容整形は東京や大阪などにたくさんある美容外科で受けることができます。中でも最も有名な美容整形は二重まぶたをつくる二重整形ではないでしょうか。奥二重でありながら二重にするために二重整形を受ける人はたくさんいます。

まぶたが薄くて腫れぼったくない人であれば、埋没法で二重のラインをつくると目がぱっちりします。ただまぶたが腫れぼったいタイプの奥二重だと、埋没法だとあまり効果が感じられない可能性があります。切開法で二重の幅をとりすぎることなくラインをつくると、自然な目元も実現しますしラインが消えてしまう心配もありません。

二重整形における内容とは

二重整形をおこなっていくうえで、時代のはやり顔が施術内容を大きく変えるものとして、注目を浴びています。人気の芸能人やモデルなどの影響で、二重まぶたを希望する若者は多く、美容クリニックに通う人も増えているとされています。

一番いいのは自分にあった美容整形を行うことですが、髪型のように人気の顔に影響される人は多くいます。あとあと後悔しないように担当する先生がおこなうカウンセリングをしっかりと受け、自分に合う施術内容を実施することが重要になります。万が一、複数のクリニックや美容外科で迷っている際には、複数のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

二重まぶた、二重整形の関連記事

メニュー

隆鼻、鼻整形

二重まぶた、二重整形

豊胸手術、脂肪吸引

美容整形、美容外科