知りたい美のこと

二重整形で二重まぶたに

モデルのような綺麗な顔に憧れる人も多いのではないでしょうか。

時代によって流行りの顔がありますが、現代は目がぱっちりと大きい顔に憧れを抱く人が多いようです。

そのため二重まぶたの美容整形、二重整形を受ける人も大勢いてます。
二重まぶたの手術はいくつかの方法があり、切開法であればメスで切るので、半永久的に持続することができ、埋没法よりもくっきりとした二重まぶたを作ることができるようです。

しかし、失敗してもやり直しがききませんので医師としっかりと相談をしてから受けましょう。

二重整形は経過観察が重要です

二重整形の手術の成功率は、各地の眼科のクリニックの医療設備の充実度や医師の経験などに大きく影響を受けることがあります。 そこで、最新式の二重まぶたの治療に取り組むにあたり、担当医の指示に従いながら、術後の経過観察の方法をきちんと把握することが求められます。

二重整形の手術の長所として、安全性が優れていることはもちろんのこと、短期間のうちに治療を進められることがあります。 そのため、二重まぶたに関するコンプレックスがあれば、治療実績の多いクリニックを選ぶことで、短期間のうちに満足のゆく効果を得られます。

美容外科における二重整形のリスク

近年美容外科で手軽にできる二重整形をする人が増えていますが、手軽にできる二重整形でもリスクを伴う場合があります。 例えば、すぐに一重にもどってしまう、埋没法では、まぶたに残った糸が目に悪影響を及ぼす場合もあります。また、仕上がりが思い通りならない場合もあります。

二重にする方法としては、埋没法と切開法とがありますが、いずれにしてもリスクをともないます。今では、手軽にでき美容外科もたくさんあります。なので、しっかり自分で信頼のおける美容外科を探し、失敗例などもみて、きちんと話し合い自分が納得した上で行いましょう。

美容整形の二重整形「埋没法」の抜糸について

二重整形で最も手軽な埋没法。大阪の美容整形クリニックで行われている二重整形手術でも主流の術式です。 埋没法は、全切開や部分切開と異なり、抜糸をする必要がありません。皮膚に縫う必要が出てくるような切り込みは入れず、二重まぶたの中の筋に糸を掛けるだけの手術ですので、抜糸の必要がないのです。

したがって、ダウンタイム(腫れや内出血が引くまでの期間)がとても少なく、美容整形の中で最も手軽だと言われるほど気軽に受けられる手術です。もちろん、糸はまぶたの中に残りますが、違和感はなく、普段と変わらず過ごすことができます。

美容外科の二重整形は劣化するのか

美容外科の二重整形は劣化するのか気になっている人は少なくありません。しかし、そのことを気にするあまりに二重整形を受けられないのでは、とてももったいないことです。もちろん、手術が終わったあとの経過はしっかりと身ていくことが必要です。

しかし、正しく手術をしたのであれば、劣化していくことはありません。だからこそ、信頼のできる美容外科で整形を受けることが何よりも大切なのです。インターネットに掲載されている口コミ情報などを参考にしながら、信頼に値する名医を見つけましょう。そうすれば、願い通りの二重を手に入れられます。

二重整形での二重まぶたにする方法

ぱっちりとした印象の二重まぶたに憧れる人も多いでしょう。大阪の整形クリニックなどでは、埋没法か切開法で二重整形を行うのが主流です。どちらにもメリットとデメリットがあるので自分のまぶたに合った方法を医師と相談してみましょう。

まず埋没法ですがまぶたに糸を通して二重を作る方法で、施術時間が短時間で済むこと、はれや痛みが少ないことが特徴です。ただ糸が時間の経過とともにゆるみ、一重に戻ってしまうこともよくあります。切開法は埋没法よりしっかりと二重にできることがメリットですが、やはりメスを入れるので内出血やはれは避けられません。施術後は元に戻す事ができないのでしっかりと決断した上での施術をおすすめします。

二重まぶた、二重整形の関連記事

メニュー

隆鼻、鼻整形

二重まぶた、二重整形

豊胸手術、脂肪吸引

美容整形、美容外科