知りたい美のこと

鼻整形、隆鼻で麻酔するなら全身がおすすめ

鼻整形で隆鼻する手術を行うときには麻酔が使われますが、その種類は局所、全身、笑気等が有ります。笑気は効く人と効かない人がいてお酒を呑む人は効きが悪いようなのであまりオススメできません。

局所の場合は、鼻には沢山の神経が集中しているのであまり強いものは掛けられないうえ、掛ける時も痛みがありますし手術中に痛みを伴うことが有りますので、安定剤をくれるところも有ります。

全身に掛ける静脈麻酔は掛ける時もほとんど痛みがなく手術中も痛みは全く有りません。でもリスクは一番高い方法かもしれませんが、前よりもそのリスクはずっと低くなっています。

本格的な鼻整形による隆鼻の前に

完成したイメージが把握できていないまま鼻整形による隆鼻を受けてしまうと、納得できる仕上りでではない場合には困ります。鼻整形による隆鼻の前に行われるカウンセリングにおいてはシミュレーションが行われる事もある様ですが、実際に試してみたいという人もいるかと思われます。

本格的な鼻整形による隆鼻の前に鼻プチを活用してみるのもいいですし、だんだん効果がなくなっていくプチ整形を試してみるのもいいと思われます。鼻整形による隆鼻においては高さなどを細かく調整する事ができます。ですので、自分で鼻整形による隆鼻を受けたかの様な効果を実感してみる事によって、高さなどの希望がはっきりとする事でしょう。

眼鏡をしていても美容外科の鼻整形できる?

美容外科手術の中でも近年人気があるのが鼻整形です。美容外科手術はその名前の通り手術ですので鼻整形手術を行う場合は眼鏡などの付属品はすべて取り除く必要があります。ただ、術後も眼鏡が出来ないのかというとそういうわけではありません。

術後すぐは痛みなどがありますし形が崩れる可能性もありますので、装着しないで頂きたいですが1,2週間程度すると装着しても全く問題はありません。ただ、まだ痛みがある場合は重さで鼻に余計な力がかかり痛みが増す可能性もありますので痛みが無くなってからの方が良いかもしれません。痛みが無い場合は装着して頂いて問題ありません。

鼻整形の手術を高校生でもしてくれる美容整形はある?

鼻整形の手術を高校生でもしてくれる美容整形はあります。芸能人のようにすらっと鼻筋の通った理想の鼻を手に入れたいという思いは年齢を問いません。鼻整形の場合は隆鼻術という鼻に人工の素材を埋め込む方法により整形を行います。

高校生が整形を行う場合の注意点としては、大人と違って成長していく可能性が残されているため、手術を行った時点で素晴らしい鼻になったとしても、成長に伴って崩れてしまう可能性があるため、将来成長を見込んだうえで美しく完成させることができる技術を持った医師に鼻整形を行ってもらうことが重要なポイントです。

隆鼻への憧れと鼻整形とは

鼻は顔全体の中でも中心にくるパーツとなりますので、コンプレックスに思う人も多く存在します。鼻を整え、隆鼻になるだけで顔の印象は変わりますし、手術の方法もいくつか用意されていますので、自身に適した内容をすすめて下さいます。

整形へのハードルが高い人にはプチ整形がおすすめです。プチ整形はメスを使用しない整形として広く知られていますが、鼻整形にも適用する事ができます。方法としては鼻にヒアルロン酸を注入する事です。東京や大阪などの美容外科やクリニックでは、数多くの場所でおこなわれていますので、一度カウンセリングに行ってみてもいいかも知れません。

隆鼻、鼻整形の関連記事

メニュー

隆鼻、鼻整形

二重まぶた、二重整形

豊胸手術、脂肪吸引

美容整形、美容外科