知りたい美のこと

遺伝で二重まぶたにならない

生まれた子供が成長するにつれ両親に似てくるというのは、よく聞く話です。

これは2人の親から、骨格や体格、性質などの遺伝子を受け継いでいる証拠です。そのため、子供のまぶたが一重か二重かというのも、親からの遺伝子が深く関係していると言われています。

統計的には、両親のどちらかが二重まぶたの場合は、子供も二重になりやすいと分かっています。そのほか隔世遺伝というのもあり、これは両親の親である祖父母の遺伝が影響していることを指します。

しかし、遺伝子が完璧に受け継がれると決まっているわけではありませんし、子供の生活スタイル、たとえば太ると肉がついて一重になってしまうこともあります。

とは言っても、やはり遺伝の力は大きいですから、親に似たまぶたになりやすいと言えるでしょう。

二重整形・希望の二重にするには

希望の二重まぶたになるには、現在の自分のまぶたの状態を知ることが大切です。皮膚や脂肪の厚さ、まぶたを持ち上げる力は、ひとりひとり異なります。これらは、二重整形の施術方法を決定するうえで最も重要とされ、この状態によって施術方法も変わってきます。

二重整形の方法には、糸で止める埋没法とメスで切開をともなう切開法がありますが、例えば、薄いまぶたのひとと厚いまぶたのひとが、どちらも「平行二重まぶた」を希望した場合。蒙古ヒダが少なく、皮膚の薄いまぶたならば埋没法での施術になりますが、厚めのまぶたならば全切開が必要となります。場合によっては目頭の皮膚を切除する目頭切開も。

二重整形によってタルミを取る方法

二重整形によって、二重まぶたを作りながら、同時に目元のタルミを解消することができます。人間のまぶたは年をとるとたるんで目に覆いかぶさってくるので、若い頃に比べて目が小さく見えるようになってしまいます。目元の皮膚だけを除去する手術もありますが、方法や医師の技量によっては傷跡が目立ってしまうのも事実です。

二重整形の一つである切開法を行って、二重まぶたのラインを作る際、同時に余分な皮膚を切り取ってしまうと、二重の線と皮膚を切った線が同化してそのまま馴染んでいくので、タルミを解消できてなおかつ傷跡も目立たなくなります。

美容整形の二重整形「埋没法」の持ちについて

美容整形には様々な種類があります。 大阪でも特に人気となっているのが、綺麗な二重まぶたを作る二重整形です。 その中でも特に人気となっているのが、まぶたを糸で留めて行う埋没法です。

施術時間が短い上に、施術の料金も手頃な事で人気となっていますが、糸が外れれば元の状態に戻ります。 持続期間は、糸の留め方や、技術によっても大きく異なり、短期間で外れる人もいれば、長く良い状態が続く人もいます。

少しでも長持ちさせたいと考えるのであれば、事前にクリニックの評判を確認しておく事が大切です。 それにより、本当に満足できる美容整形の施術を受ける事ができます。

二重整形で念願の二重まぶたに

人の印象は、まず一番に目に飛び込んでくる顔で決まります。美人とか美男子ということではなく、表情が印象として残るのです。特に顔の印象を左右するのが目元です。パッチリした二重まぶたを理想とする人も少なくないでしょう。

近年、メスを使用する切開術ではない方法が登場し、二重整形を受ける人が増加しています。大阪にも、対応する美容外科が多数あります。心臓外科の手術で使用する極めて細い糸をまぶたに埋め込むことで、二重を作り出します。細い糸なので、柔らかい組織にも使用でき、子供でも施術できるほどです。腫れも少なく、手軽に受けられることから、安心感を生み人気が出ています。

二重まぶた、二重整形の関連記事

メニュー

隆鼻、鼻整形

二重まぶた、二重整形

豊胸手術、脂肪吸引

美容整形、美容外科